人気コミック、アニメの「結界師」の非公認ですが・・・、ファンサイト!
結界師「12」の紹介
結界師 (12)

収録話
第106話 城
第107話 救出
第108話 白と松戸
第109話 空っぽの男
第110話 前払い
第111話 藍緋
第112話 妖花
第113話 死ねない男
第114話 異界の外
第115話 弱点

コミックスの情報
初版 2006年6月15日
著者 田辺イエロウ
出版社 小学館

結界師「12」の購入
アマゾン 結界師(12)
楽天 結界師(12)

アマゾン「結界師」全巻
楽天「結界師」全巻

結界師「12」のあらすじ
良守、化け狐との遭遇&影宮の救出
松戸と白の戦い
火黒と藍緋の戦い
時子の作った道より、夜行&繁守、黒芒へ
火黒VS良守の始まり
結界師「12」の感想

松戸と白の直接対決!
正直、2人の戦いや関係には、あまり興味ないけれど・・・、加賀美君のことにもちょっと触れられていて、良かった。 あの無機質な感じ、べらぼうな強さ、魅力的!

ひとつ疑問があるとすれば、松戸のパーツが契約条件なこと。 あれだけ強いんだから、いくらでも・・・、って思うけど、そうも行かないんだろうね〜。 奪い取ったら意味ないとか、禁術だからどうとか。

まぁ〜、加賀美君がナイスキャラであることには変わりないけど!
正体があれとは・・・

良守なみに、何考えているかわからない行動をとる火黒。 藍緋との戦いも、なんか納得いかないな〜。 火黒にしてみれば、藍緋に納得行かないんだろうけどね。

藍緋の生き様には、何か寂しさと言うか、日の当たらない感じと言うか、本当の自分を出さずに生きている感じがあって、不思議な感じ。 本心のままに生きていない藍緋が、火黒としては気に入らなかったのかもね〜。 藍緋は、きっと人になりたかったんだと思うよ・・・。

本心のままに、突っ走る生き方をする火黒。
感情のままに、突っ走る良守。
2人の直接対決も始まったけど、この二人・・・、似てる!

それを傍観する紫遠。 紫遠のキャラはやっぱり最高!
加賀美君が強いと思えば逃げる。 面倒な部分は適当に・・・。 冷静でいて、変なところがめんどくさがりで、いつもどこかに余裕がある。

やっぱり、紫遠は魅力的なキャラクターだよね?!

結界師に登場する、主要キャラクターはどれも、性格の設定が絶妙でおもしろいし、それがうまくストーリーに溶け込んでるのがスゴイ!

だから、ハマル!?

「13」では、火黒と良守の戦いに、どう決着が着くのかが楽しみ?

Copyright© 2007 結界師の森 All rights reserved.