人気コミック、アニメの「結界師」の非公認ですが・・・、ファンサイト!
基本の結界術
良守や時音の使う結界術は、「間流結界術」

通常使う結界は、四角い立方体のもので、この中に妖を囲い込み、滅する(潰す)ことで妖をやっつける。

結界の張り方は、以下の通り

1 方位・・・ターゲット指定
2 定礎・・・位置を指定
3 ・・・結界の成形、発動
4 ・・・滅する。 ・・・解除する。

 滅した場合は・・・ ↓

5 天穴・・・破片から妖が復活しないように、異界に滅した妖を一掃する。

ちなみに天穴は、道具の名前。 槍のような道具に空いている穴から、異界に一掃する訳だが、その行為自体が「天穴」と言うのかは微妙。

初めのうちは、気合と共に、「方位!」「定礎!」とも言っていたが、最近は「結!」「滅!」「天穴!」位しか言わない。

場合によっては、何も言わない・・・。 特に口にする必要はないらしい。

基本の結界術応用編!?

結界は、囲い込むだけではなく、自分が乗ったりする台にすることも可能。

結界を張るタイミングを考えれば、結界で物を突き飛ばしたりすることも出来る。

結界に、柔軟性、弾力性を持たせることも可能。

結界は、2重3重と結界の中に結界を張ることも出来る。

時音は、細く長い結界をいくつも成形し、妖を串刺しにする。

Copyright© 2007 結界師の森 All rights reserved.