人気コミック、アニメの「結界師」の非公認ですが・・・、ファンサイト!
結界師の用語集

まだ少ないですが、結界師の中に出てくる名詞(言葉)の解説などです。

簡単に言えば、化け物、妖怪?

様々な姿かたちの妖がいるが、人型の妖は、知能は高いが殆どがイカレていて危険(ヤバイ)のが定説。

戦闘型の妖は、自分よりも戦いを優先する。戦うことに喜びを感じる?
妖混じり
自らの体内に、妖の力を宿している人間。 驚異的な身体能力と回復力を持つ。

統合型 体全部を変化(完全変化すると、中身まで妖となる?)
寄生型 寄生している一部のみ変化
異能者
結界師、封魔師、妖混じりなど、普通の人とは違う力を持った人間。
裏会
「不思議なもの、こと」などに対応できるよう、異能者を中心に地域で自発的に作られた集団が裏会の大元。 現在では地域の連携もあり、総本部が置かれ全国的に統括されている。

裏会に属していなくても、存在のわかっている異能者は、裏会の台帳に記録されている。
土地神
土地神、主は、土地を統括しているもの。 烏森一帯ではウロ様。 黒芒楼であれば、姫(化け狐)

土地と土地神の関係は、一蓮托生であり、土地が弱まれば主も弱まる。 主従関係は、土地の方が上で、土地が主を認める形。

土地に長く住みつき、土地に選ばれると主になる?
Copyright© 2007 結界師の森 All rights reserved.